【アプリ】蕎麦屋 成功事例

成功事例

【アプリ】蕎麦屋 成功事例

2020/11/09

導入のきっかけ

数年前にお店をリニューアルし、チラシやポスティング・ホームページでお店の情報を発信していましたが反響がなく、店舗が住宅街にあるため、お客様は常連様やご近所の方で、新規のお客様が来店されることがほとんどなく、売り上げは年々右肩下がりの状況が続いていたので、集客を何とかしようと考えていた時にお声掛け頂きました。
担当者の提案を聞いて、御社のアプリを使う事でお客様の来店のきっかけが出来て、お店でお客様がアプリを楽しみながら使っている姿が思い浮かんだので、これしかないと思い導入を決めました。

導入してからのアプリダウンロード数はどうですか?

導入して1 ヶ月間はとにかく来店されたお客様に積極的に声がけをしました。
常連様がほとんどなので、1ヶ月でほぼ常連様への会員登録は終わってしまいました(笑)
1ヶ月を過ぎてからは、お客様がみなさん来店されるとアプリを利用してポイントを貯めてくれる姿をみて、お声がけをしなくてもお客様から登録をしてくれるようになり、半年で500人の会員獲得を目標にしていたのですが、5ヶ月で500人の会員様が登録をして頂けました。

アプリの活用方法・反響はどうですか?

主にメッセージ・ポイント・クーポンを活用しています。
アプリ導入前は毎月開催しているサービスデーでもお客様が来店してから「今日はサービスデーなんだ」と言われる事が多く、全く浸透していませんでした。
しかし、アプリ導入後はメッセージでお客様にサービスデーを告知する事で、今ではサービスデーは必ず満席になるようになって、コロナの影響が強かった4月5月6月もサービスデーは満席になり本当にアプリのおかげで助かりました。
ポイントもみなさん毎回楽しみにされていて、50回来店頂くとお店オリジナルのTシャツを特典として用意しています。
半年でもうTシャツをゲットしたお客様もいらっしゃって再来店を促すのに役立っています。
またクーポンも毎月おすすめメニューの割引を特典として用意していているのですが、常連様からも大好評です!アプリを入れてからHPやSNSでもアプリの紹介をする事で、若いお客様が来店されるようになって女性のグループやカップルで利用されるお客様も増えました。
若いお客様は夜の利用も多いので、お店の課題だった夜の集客も出来るようになりました。
お客様の評判も良くなり、売り上げも上がり導入して本当に正解でした。

アプリを検討されている方にアドバイスはありますか?

集客目的で導入するのはもちろんなのですが、飲食店では難しいお客様の情報を取得できることもアプリを入れてメリットの一つです。
常連様でも名前を知らない方が多かったのですが、会員登録をしてもらうことで名前を知る事が出来て、「○○さまいつもありがとうございます」という一言や、ポイントやクーポンなどもお客様との会話やコニュニケーションのきっかけにもなり、当店ではお客様との壁が無くなり自然に接客が出来て、おすすめのメニューのご案内もしやすくなり、会話が弾むようになったので、お客様とのコミュニケーションツールとしてもアプリは重要だと思います。